老後のためのマンション投資|不労所得を作り安定した収入をゲット

ゆとりある生活をする

集合住宅

近年はマンションの建設が多くなっていて、都心部だけでなく郊外にも多数のマンションが建設されています。マンションを購入する方の中で、自分が生活するために購入するのではなく、資産運用のために購入する方もいらっしゃいます。将来的にゆとりのある生活を考える堅実的な人は、若いうちからマンション投資をして、定年退職した後も安定した収入を得るためにマンションを購入しています。

会社の退職金と年金だけでは、ゆとりのある生活をすることができないかもしれません。ある調査会社のデータによると、夫婦でゆとりのある生活をするためには40万円以上必要となっています。ですが、厚生年金は40万円も支給されないでしょう。平均で約20万円ほどなので、20万円も不足しています。一年間で約240万円も不足するために、退職金が1,000万円あっても4年でなくなってしまう計算になります。ですから、不労所得を作ることが定年後の生活では大事です。

毎月安定して入ってくる収入があると、生活だけでなく、心にもゆとりができるでしょう。そのために、マンション投資が最適です。投資は株やFXなどもありますが、コチラの投資は資産を倍以上にすることも可能ですがリスクが大きくことが特徴です。退職金を全て失ってしまう可能性もあるので、リスクの少ないマンション経営がオススメなのです。たとえ、年金制度が破綻しても生活できるように、マンション経営をしておきましょう。不労所得を作っておくことでゆとりのある老後を迎えることができます。

部屋から見える綺麗な景色

マンション

マンション経営は入居率が大事です。そのため、リゾート地のマンションを経営する場合は、都会のマンションにはないメリットをアピールすると良いでしょう。リゾート地なら部屋から見ることができる景色がセールスポイントになります。

More Detail

オーナーの悩みを解決

お金を数える人

マンションやアパートを経営しているオーナーは、手間と時間を短縮するために一括借り上げをすると良いでしょう。面倒な作業は管理会社がしてくれますし、入居率に関係なく、毎月安定した家賃収入を確保できます。

More Detail

勉強するための参加する

講義

これから資産運用をはじめる人は、リスクを軽減するためにしっかりと勉強をしましょう。そのために不動産投資セミナーに参加すると良いでしょう。投資の専門家の話は、これからの資産運用の役に立つでしょう。

More Detail